オーガニックシャンプーの選び方

オーガニックシャンプーの選び方|本当に信頼できるものは?

「オーガニックシャンプーを使いたいけれど、何を選んだらいいのかわからない・・」

 

 

オーガニック。響きが良いですよね。頭皮にやさしそうで、髪の健康によさそうなもの。

 

 

市販の石油系シャンプーが頭皮に悪いものですから、なおさら自然派シャンプーの人気が高まっています。

 

 

ただ、オーガニックシャンプーといっても、漠然としたイメージしか無い方も、多いのではないでしょうか。

 

 

オーガニックという言葉だけを追ってしまうと、中身がないシャンプーをつかまされる危険もあります。

 

 

わたしたちが、しっかりした知識を身につけて、本当に髪に良いものを見つけられる力が必要です。

 

 

当サイトでは、オーガニックシャンプーについて詳しく解説したいと思います。

 

 

自信をもって、オーガニック製品を選べるようになっていただけると、嬉しいです。

 

 

1.そもそも、オーガニックって?

 

オーガニックとは、有機栽培のことを指します。

 

 

食べ物から化粧品、シャンプーといろいろなものに使われる言葉です。シャンプーは最近生まれてきた言葉になります。

 

 

・自然由来の植物を原料とした、地球と髪に優しいシャンプー

・無添加の原料を使用している

 

 

これらの条件を満たすのが、オーガニックシャンプーです。「一応」。

 

 

どうして、一応なのでしょうか。

 

 

実は、日本ではオーガニックシャンプーに対する明確なものがありません。

 

 

だから、各メーカーとも自由に「オーガニックシャンプー」と表記できます。

 

 

でも実際は自然由来の原料はまったくナシ。ちょこっとおまけ程度に無添加にしている。という、消費者を小馬鹿にしたようなものが多いです。

 

 

オーガニック認証制度があるのは、海外

 

日本の方が、こういう品質規定にうるさそうなものですが、オーガニックに関しては遅れています。

 

 

海外では、いくつかのオーガニック認証団体があるのです。

 

 

それぞれの団体ごとに、独自の厳しい品質基準を設けていて、それをクリアすれば認証されるのです。

 

 

海外では、オーガニックといえば認証を受けているかどうか。消費者が判断する目安があるのです。

 

 

健康食品にたとえるなら、「トクホ」のようなものです。マークがあって、店頭で選ぶことができますよね。

 

 

本当にオーガニックにこだわるなら、海外シャンプーを使うこと

 

本当に原産地から、製法からこだわって、とことん無添加のものを突き詰めるのであれば、海外製のものを。

 

 

そういったシャンプーは、入手するのが難しかったり、値段が高いものも多いです。

 

 

その前に、一度考えていただきたいのです。

 

 

「本当に、オーガニックシャンプーで良いのですか?」

 

 

オーガニックシャンプーのメリット、デメリット

 

 

オーガニックシャンプーは、化学物質が使われていないので頭皮や髪に優しいです。

 

 

環境にもやさしいですし、地球環境にも優しいので社会貢献になります。

 

 

これがオーガニックを使うメリットです。

 

 

ですが、デメリットをご存じでしょうか?

 

 

自然由来で、化学物質を使わない植物を配合している。当然その品質を維持するのに余計な添加物を入れません。

 

 

添加物がないシャンプーは、思った以上に不便なものなのです。

 

 

本物のオーガニックシャンプーほど、使い勝手が悪いのです。

 

 

たとえば、保存料を使わないものは「保管できる期間が短く」なります。

 

 

ノンシリコンであれば、髪の指通りが悪くなります。

 

 

自然由来の洗浄成分であれば、泡立ちや指通りが悪くなります。

 

 

髪には良くても、慣れないうちはストレスがかかりやすいのも事実なのです。

 

 

その点を踏まえた上で、どこまでオーガニックにこだわるのかを考えた方が良いかもしれません。

 

 

総合的に考えると、日本製が良い

 

海外製でオーガニック認証を受けたものを使って見るのも良いですが、総合的に考えると日本製をオススメします。

 

 

さきほどの使い勝手の問題もありますし、入手しにくいなどの問題もあります。

 

 

たしかに日本製ですと、認証を受けていないので好き勝手に表示できます。

 

 

日本製オーガニックの中でも、それなりにしっかりこだわったものを使うのが"ちょうど良い"です。.

 

 

日本人に合わせて、使い勝手に違和感が出ない程度に調整している"オーガニックシャンプー"を選べば良いのです。

 

 

添加物も極力抑えていて、化学物質を極力抑えているもの。

 

 

そうしたほどよいバランスのシャンプー選びを、心がけるようにすると良いでしょう。

 

 

リンク集